ダメなときほど効果的でおすすめなテンションを上げる方法6選

2018年11月17日

テンションを上げたいけど、気分がのらない、気持ちがついていかない。そんなとき、ダメであればあるほど効果的でおすすめなテンションを上げる方法をご紹介します!
 
テンションを上げる対処法を知ることはとても大事ですが、テンションが下がってしまう原因を取り除くこともとても大事なんです。
 
 
【テンションが下がってしまう原因】
それは身体的疲労や精神的疲労から脳の幸福物質と呼ばれる「セロトニン」や、刺激を与えてくれる物質「ドーパミン」の分泌が減ってしまうからなんです。
 
 
ということは簡単!
テンションを上げたいなら、
・「セロトニン」という幸福物質
・「ドーパミン」という刺激を与えてくれる物質
 
を体内で増加、促進してくれることをすればいいだけ!
 
 
ということでこちらでは、
・「セロトニンやドーパミンが増加する」
・「自分ひとりでできる」
・「誰でもできる」
・「自宅や場所を選ばず簡単にできる」
を中心に、テンションを上げる方法を厳選しました。
 
 
 
また、睡眠不足やストレスは「セロトニン」などの幸福物質の分泌を抑えてしまいます。
 
そのため、睡眠不足やストレスがたまっている人はいつもよりもちょっとしたことで気分が左右されてしまいテンションが下がりやすくなります。
 
 
もしも、睡眠不足が続いている人やストレスが溜まっているという人はこちらの記事を参考にしてみてください。
 

【人気・関連】記事一覧

 
 

ダメなときほど効果的でおすすめなテンションを上げる方法10選

 

方法その1:テンションが上がる、盛り上がる、ノリのいい曲を聴く

まずオススメなのがこちらの方法!
 
私たちが音楽情報サイトを運営しているというのもありますが、
実は「音楽は人の心に影響を与える」ということが科学的に証明されているんです。
 
 
音楽を聴く人なら経験はあるかと思います。
 
「泣ける歌を聴けば泣いたり切ない気分になる」
「ノリノリになる歌やテンションが上がる曲を聴くと元気が出る」
など。
 
 
なので、テンションを上げたい!というときは、ミディアムテンポ~アップテンポなリズムが速い曲を聴くのが、簡単で効果的!
 
理由は、リズムが速いと脳がそれについていこうとして活性化するんです。
なにか集中したい時にはテンポの速い曲を聴くといいとも言われています。
 
 
また、テンションが上がる歌詞がいい応援ソングなんかもおすすめ。
 
 
テンションが上がるオススメな音楽が聴きたい人はこちらをチェックしてみてね。
 
 
 
 

方法その2:運動(軽い運動でもOK)をして、よく寝る

テンションが下がっている時は、脳の幸福物質「セロトニン」と「ドーパミン」が足りていない状態ということになります。
 
 
そんなとき、運動など体を動かすことがおすすめ。
ジョギングなどの軽い運動でもOK
 
アメリカの研究によると、
「わずか20分間の運動で、その後12時間幸せな感情を感じられる」
との研究結果が。
 
 
さらに、人は太陽の光を浴びると身体から「セロトニン」というポジティブな気持ちになりやすい幸福物質が分泌されます。
 
なので、テンションを上げたい!という人は、
ミディアムテンポ~アップテンポな音楽を聴きながら、昼間などに散歩やジョギングを20分続けることでテンションが上がります!
 
 
運動し体を動かすことで体が疲れ、夜は質の高い睡眠をとることができます。
 
6時間睡眠を2週間続けると、人は徹夜したときと同じ状態になると言われています。
 
睡眠不足もテンションを下げる、上げにくくさせる原因になりますのでよく寝るようにしましょう!
 
 
 

方法その3:アクション映画などスケールの大きな映画を観る。可能であれば旅行を

人の脳は単純なところもあり、迫力のあるものに触れると脳が興奮し、三大神経伝達物質と呼ばれる「ドーパミン」を分泌します!
 
この「ドーパミン」はやる気やモチベーションに大きな影響を与える脳内物質。
 
ドーパミンがたくさん分泌されれば、テンションも上がります!
 
非日常を感じる、壮大な映画を観れば、観終わるころには爽快な気分になっているはず!
 
 
映画などはあまり好きじゃない、という人は日帰り~海外旅行に行くのがおすすめ。
 
 
映画を観ることでドーパミンが分泌されるのではなく、迫力のあるものに触れるとドーパミンが分泌されやすくなります
 
壮大な景色のある場所に行ってみるとテンションが上がるのでぜひ試してみてね。
 
 

方法その4:お笑い動画など笑顔になれる、笑える動画を見る

人は笑顔になったり、笑うと脳が「楽しいことをしている」と認識します。
 
 
なので、テンションを上げたい時には楽しいことをしたり笑顔になれること、笑うことはとっても大事!
 
 
また、声を出して笑えるようなおもしろい動画や写真、面白いことをするのがとくにおすすめ。
 
腹筋のまわりには幸福物質「セロトニン」が出る神経が集中しているので、お腹から声を出して笑うことでお腹が刺激され、「セロトニン」が分泌されやすくなるんです。
 
 
おおげさに大声をだして笑うこで一層と脳がセロトニンを分泌しやすくなるのでテンションを上げたい、元気を出したいときは笑ってみよう!
 
 
 

方法その5:自分の見た目を変える

「いつもと違う自分になる」!これもやる気やモチベーションに大きな影響を与える、三大神経伝達物質「ドーパミン」を分泌するのに有効な方法。
 
人は新しいものを見たとき、脳からドーパミンが分泌されテンションが上がると言われています。
 
ショッピングで新しい服や欲しいものを買うと嬉しくてテンションが上がる経験は誰でもあるかと思いますが、このときドーパミンが分泌されているんです。
 
また、新しい服を着た日や髪を切った日は気分がいつもと違いませんか?
 
それは、自分自身が普段とは違う自分に出会っていると認識しているからなんです。
 
 
いろいろ試したけどテンションが上がらない、気持ちが切り替わらない、という人は買い物に出かけたり自分の外見を変えてみてください。
 
 
 

方法その6:アロマの匂いをかぐ

ミント系などのアロマの匂いは「心を前向きにさせてくれる効果」があります。
 
その中でもとくにおすすめで効果的なのがミント系の香り。
 
やる気を出してくれるのと同時に、スッキリとした香りでテンションも上がり元気を出させてくれます!
 
 
ミント系の香りが苦手という人は、他のアロマの匂いでももちろんOK!
自分が好きだ、と思う香りを選んでください。
 
アロマは本当に種類が豊富なので、お気に入りの香りをぜひ見つけてみてください。
 
 
 

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2014 レコード新聞社 All Rights Reserved.