18歳~25歳までアイドルヲタクとして人生を捧げた男性が得たもの・失ったもの

18歳から25歳までの間、熱烈なアイドルヲタク、アイドルファンとして活動してきたある男性が、ファンとして生きてきて得たもの・失ったものをまとめたマンガを投稿。
 
内容が胸に刺さる。と話題になっている。
 
 
その漫画がこちら。
 
 
漫画の内容を簡単にまとめると、
 
日常生活で誰からも相手にされなかった作者が優しく接してくれるアイドルにハマり、アイドルヲタクとして活動し始めた。
 
アイドルのおかげでライブ会場で気の合う友達ができただけでなく、現実がこんなにも楽しいものなのかと知ることができた。
 
 
しかし、気付けばアイドルファンを続けていつの間にか25歳になっていた。
 
自分の夢よりアイドルの夢ばかり応援して過ごしてきた日々。
かつて一緒に楽しんでいたヲタク友達たちはファン活動だけでなくそれぞれ自分の人生をしっかり生き、いつの間にか周りからいなくなっていた。
 
筆者が全ての時間とお金を捧げて応援していたアイドルたちは引退し、普通の女の子に戻り楽しい学校生活を過ごしたり、結婚しお母さんになっていた。
 
しかし、筆者は18歳からの7年間ペンライトをただ振り回してきただけ。
 
「これからの人生いったいどうなってしまうのか?」
 
自分の人生のために努力をしてこなかったという現実を目の当たりにし、とてつもない不安に襲われてしまった、というお話。
 
 
アイドルだけでなく、アーティストのファン活動に人生を捧げている人たちはぜひこの漫画を読んでほしい。
 
この漫画を描いた作者は他にも「友達ナシ・恋人ナシの根暗な大学生が偶然見かけたアイドルに一目惚れた青春物語」などの漫画を連載している。
 
 
アイドルファンのみなさん。
応援しているアイドル以外にあなたの人生を支えてくれる柱はありますか?
 
 

Copyright (C) 2014 レコード新聞社 All Rights Reserved.