風男塾「下を向いて帰ろう」発売記念インタビュー【ミューズクリップ限定】

2017年02月24日

 5月病を吹き飛ばす、風男塾から共感度200%の応援歌& お相撲ソング「下を向いて帰ろう/RIKISHI-MAN」が到着!
 

風男塾の「赤園 虎次郎」「青明寺 浦正」の卒業特集を公開!

↓詳細は下のリンクをチェックしてね。
 
 
――風男塾のニューシングルは初の両A面となるんですね。「下を向いて帰ろう」というタイトルは、一見、風男塾らしくないなとおもったんですが、聴いてみて納得しました。
 
赤園虎次郎「ですよね。風男塾は今まで、ポジティブな歌をずっと歌ってきたので、「下を向いて帰ろう」って、すごくネガティブに取れるタイトルだと思うんですよ。でも、聴いてみると、タイトルとは裏腹に曲調はめっちゃ明るいし、歌詞も風男塾らしい、 ポジティブなものになっているんです」
 
 
――最後はちゃんと前を向いて歩きたいからこそ、辛い思いを抱えた今は下を向こうというメッセージが心に響きました。
 
流原蓮次「僕がこの曲を聴いたときに、最初にニーチェの言葉が浮かんだんです。“祝福で きないなら、呪うことを学べ”ってね。たとえば、好きな人が他の人と結婚したら祝福なんてできない。それよりも“別れろ!”って思うじゃないですか(笑)。それと一緒で、ネガティブな自分を認めて、しっかり新しい道を歩いていこうというのは正しいと思うんです。みんな完璧な人間ちゃうし、そんな気持ちを原動力にするのもたまにはいいことだと思うんですよね」
 
 
――なるほど~…って、他のメンバー聞いてますか!?
 
一同(MCを読む)
 
 
――この流れ、定番ですね(笑)。すごくいいことは言っていると思うんですけど(笑) 。 
 
赤園虎次郎「そりゃそうですよ、ニーチェの言葉ですから(笑)。まぁ、それを知っている蓮次くんもすごいということで(笑)」
 
 
――歌詞に共感できるところはありましたか?
 
雪村涼真「僕は大阪が地元なので、やっぱり寂しくなることが多々あるんです。この曲でも主人公が月を見て“田舎に帰りたくなるんだ”って歌うんですが、すごくわかりますね」
 
瀬斗光黄「歌詞が今までにないくらいストレートだよね。人間臭くて、すごく共感できます。それに、とってもノリがいい曲なので、ライブ栄えしそうですよね。一体感が生まれる大切な曲になる予感がしているんです」
 
 
――MVは、今までにないみなさんの憂い顔を見ることができますね。
 
武器屋桃太郎「そうなんですよ。この曲調とはまた違う雰囲気の、みんなが故郷を思う憂い顔を見ることが出来るんです。それに、カメラ目線が少ないのもめずらしいんですよ」
 
愛刃健水「MVの中で、みんなで手をつないで踊るシーンがあったんですが、これがとても恥ずかしくて(笑)。とくに蓮くんがふざけてくるんですよ、本番中に!」
 
流原蓮次「いやいや、愛刃くんが変なリズムで手を握ってくるからでしょ!」
 
 
風男塾「下を向いて帰ろう」
 
 
――(笑)。相変わらずのじゃれあいが心和みます(笑)。さて、対する「RIKISHI-MAN」は、大相撲をテーマにした曲なんですね。
 
赤園虎次郎「はい。もともと、風男塾のプロデュースをしているはなわさんがお相撲が大好きで、僕たちも連れて行ってもらったり、力士さんの武勇伝などを聞いていたんです。そうしているうちに、風男塾のみんなもお相撲にハマってきたんですよね」
 
流原蓮次「でも、お相撲って初めての人はどうやって楽しんだらいいのかちょっと敷居が高そうな雰囲気があるじゃないですか。それなら、風男塾が少しでも間口を広げて、多くの若者に親しんでもらいたいと思って歌っているんです」
 
武器屋桃太郎「歌詞では技の名前を並べて歌っているんですが、これが知らないで聴くと呪文のように聴こえるんですよ。僕らも最初はわからなかったので、歌うときは英語の歌詞を覚えるように歌っていたんです(笑)。曲も海外の方が作っているので、変に馴染みもいいんですよね(笑)」
 
瀬斗光黄「それに、今日のこの取材の前に、みんなで朝稽古を見に行ったんですよ。そしたらすごく楽しくて!」
 
流原蓮次「力士さんたちは本当に大きいんですよ。背も大きいし、幅も規格外!おなかも柔らかそうでさらわせてもらったんですが、思わず突き指するかと思いました(笑)。あんな筋肉の塊、ぶつかり稽古をしているなんてにわかに信じられないです!」
 
 
――みなさん、一気にハマったんですね。
 
武器屋桃太郎「ハマりますね。それに、技の名前や、力士さんの名前などを覚えていくにつれ、どんどん楽しくなるんです。基本的に僕らはオタク気質ですからね(笑)」
 
 
――この曲がいつかお相撲の中継に流れると面白いですね!
 
赤園虎次郎「少しでも流れて欲しい!!」 武器屋桃太郎「でも、いきなりこんなにカッコイイ音楽が流れたら、いくらお相撲の歌詞を歌っていてもおじいちゃんおばあちゃんがビックリしちゃうね(笑)」
 
 
――それにしても、この両A面シングルはク セのある2曲ですね。
 
武器屋桃太郎「でしょ(笑)? 風男塾にしか歌えない曲なんです。ぜひ、聴き込んで元 気をもらってほしいですね!」
 

 
 

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.