どれだけ大人が騒いでも若者は音楽の事情には関心がない

2016年04月18日

 以前、下記の記事を書かせていただき、何人かの方にSNS等で拡散していただけたこともあって多くの方に見ていただきました。
 
拡散していただいたみなさま。
ありがとうございます。
 
上のコラム記事は、
10代の若者にも読んでもらいたい!
みんなの日常から音楽が少しずつなくなってるんだよ?気付いて!
 
そんな気持ちで書かせていただいたのですがおもしろい結果がでてきました。
 
 
弊社が運営しているこの音楽サイトは10、20代からのサイト閲覧数が圧倒的に多く、年齢が上がるにつれてだんだんとユーザーが減っています。
もっと詳しく言うと、40歳以上の閲覧ユーザーは10%もありません。
 
※ユーザー属性に関してはサイトの性質や記事内容で大きく変わるため、全ての音楽サイトが同じユーザー比率ではありません。
 
なのでこの記事も若者達に見てもらえるだろう!と楽しみに書いていたのですが、
閲覧していただいたユーザーほぼ全てが30~40代の方でしかも8割が男性だったという結果になりました。
10、20代の閲覧数は全体の0.5%以下。
 
普段の音楽エンタメ記事とはかけ離れた結果に驚きを隠せません。
PV数も大声で言えるほどの数ではないので(4桁PV)、この数字がどれだけ信憑性があるのかは不明ですが、とても残念です。
 
 
タイトルがつまらない、もしくは大人向け過ぎたのかな。
未熟な部分もあり、他に推測すべき原因があるのかもしれませんが、なにかしらの参考になれば幸いです。
 
 
これから定期的に音楽コラムを書いていき、もっとデータが集まれば公表させてもらいます!
 

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.