顔面強打で「歯」が抜けたとき、再植できる可能性のある対処法

2018年06月12日

部活やスポーツ、または事故などで突然強い衝撃を受けて永久歯の歯が抜けてしまった。実はこのとき正しい対処をすれば、歯を再植して戻すことができる!
 
しかし、対処法を間違えると、歯は元に戻らず、入れ歯かインプラントになる可能性も。。。
 
前歯が衝撃で抜けて、一生入れ歯の生活なんて絶対に嫌ですよね。
 
しかし、スポーツなどをやっていれば歯が抜けるなどの事故やケガに合う可能性は十分にある。
 
部活やスポーツをしている学生や若者、運動系の指導者をしている人にはぜひ知ってほしい歯が抜けたときの正しい対処法をご紹介します!
 
 
ある歯医者さんの投稿が話題に!
 
 
 
 
 
 
なんと、抜けた歯を戻してもらうために、雑菌やばい菌などがつかないようきれいに洗うのは「絶対にNG」とのこと!(汚れを落とす程度に軽く洗うのはOK)
 
ベストは抜けた歯をそのまま「生理食塩水につけること」。
しかし、生理食塩水なんてのはなかなかすぐには手に入らない。
 
そこで次にオススメなのが、未開封の牛乳パックを買ってその中に歯を入れる。
 
それも無理であれば自分の口に歯を入れたままにして、すぐ(30分以内)に歯科・口腔外科に行くこと。
再植できるかは時間との勝負です。
 
 
生理食塩水や牛乳に入れる際も、汚れが付いている場合はざっと水で流して汚れを流そう。
牛乳に浸けて持ってきてくれれば再度定着する可能性が高まる。
 
絶対に直前で歯を水やアルコールできれいになるまで洗うなどはしないこと。
 
 
 
 
10代で前歯が入れ歯かインプラント。。
考えただけでも辛すぎる現実。
 
このツイッターの投稿に関連して、
「今の保健室には歯の保存液もある」
「30分以内に歯科医に持っていく事」
など、さらに役立つ知識も投稿されている。
 
 
詳しい対処法をもっと知りたい人は、看護師さんが書いたこちらの記事へ!
 
 
 
 
 
抜けた歯に関する対処法や応急処置、情報がもっと知りたい人はこちら!
 
 
 
 
 

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2014 レコード新聞社 All Rights Reserved.