日本でも人気だったK-POPガールズグループ「KARA」が解散!人気曲と一緒に振り返ろう !

2016年01月15日

 なんと2016年1月15日にKARAのメンバーであるギュリ、スンヨン、ハラが所属事務所との専属契約が終了となり、人気K-POPグループ「KARA」が解散することとなった。
 
日本でも一時期大人気となり、日本で知らない人はいないと言わせるほど人気なK-POPガールズグループへと成長した。
そこまで上りつめるほどの人気グループになったのに。とても悲しい気持ちでいっぱいです。
一体何があったのだろうか?
 
KARAの今までの歴史を数々の人気曲と一緒に振り返ろう!
 
 
 
マネする人続出!お尻フェチもたくさん生まれました
 
2010年に発売された人気曲「ミスター」。
お尻をつき出しながら踊るダンスがセクシーで可愛いと日本で話題になり一躍大ブレイク!
ダンスのマネをする人も増え、KARAの可愛さにやられてお尻フェチになってしまった男性も増えたことだろう。
 
 
可愛さやお尻ダンスだけじゃない!実力は本物だった
 
お尻をクネクネさせたダンスが人気の歌「ミスター」。
そのわずか3ヶ月後に「ジャンピン」、さらにその半年後に大ヒット曲「ジェットコースターラブ」を発売。
さらに2ヵ月後には「GO GO サマー!」も発売され、「ジェットコースターラブ」は売上ランキング1位、「GO GO サマー!」は売上ランキング2位を獲得!
2011年上半期だけで3曲もの大ヒット曲を生み出したのだ!
 
可愛いルックスに加えてヒットした3曲のおかげで、KARAは日本で大人気となり、日本のトップアイドルグループの仲間入りに。
ただの流行アイドルグループで終わらなかったのだ。
 
 
 
 
2010年でテレビデビューしてわずか1年後には日本の音楽業界でトップクラス!
 
2011年にそんなスマッシュヒット曲をたてつづけに発売したKARAは、オリコン年間ランキング2011のアーティスト別トータルセールス部門で、49.3億円(181.9万枚)で年間4位にランクイン!
 
さらに2011年年末の「第62回NHK紅白歌合戦」に出場!
わずか1年で日本のトップアーティスト達と肩を並べたと言っても過言ではないだろう。
 
 
こんな人気だったのに。。。なぜ?
 
2011年のCD売上や活躍を見ると、2011年は輝かしい1年だっただろう。
 
と言いたいところだが、2011年1月にメンバーのスンヨン、ニコル、ジヨンの3人が「正当な利益を受け取っていない」という理由から所属事務所に専属契約解除を申し出たとニュースに。
KARAが分裂してしまうのではないかと話題となった。
 
なんとか分裂騒動は収まり引き続き5人で活動していくことで落ち着いた。
 
その後、2011年に比べて2012年は目立った活躍はなかったが、2013年1月には初の単独東京ドームライブを開催。
 
しかし2013年10月に2014年1月にニコルが脱退すると発表。
日本中で衝撃が走った!
さらにその3ヶ月後の4月にジヨンも脱退することとなりKARAは3人グループとなってしまった。
 
3人組となったあとはオーディションを開催し、新メンバーのヨンジが選ばれ4人体制で再スタートを切った。
 
 
新しいKARAで再スタートしたのだが、、、
 
新しく生まれ変わったKARAで活動を続けていくも、今までのような活躍は出せず2016年1月に解散することとなったのだ。
ギュリ、スンヨン、ハラはそれぞれ別の道を歩むこととなり、新メンバーのヨンジはソロアーティストとして活動をしていくとのこと。
 
日本でも大人気となったK-POPグループなだけにとても残念だ。
最後にファンの間で人気だった「LUPIN」、韓国で人気だった「STEP」という曲をどうぞ。
 
 
 

KARAの過去記事

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.