女子の心に刺さる歌詞がオススメな2014年下半期以降の邦楽ロック曲!

2015年04月04日

 激しいギターやノリのいいメロディの曲で盛り上がれるロック曲。
でも、つらいときや悲しいとき、恋に悩んでいるとき、それに、もっと頑張りたいときなどなどメロディよりも歌詞に励まされることも多いはず。
 
そこで!邦楽ロックと歌詞が好きな女子のために

2014年下半期以降の新曲の中から女子の心に刺さる歌詞がオススメな邦楽ロック曲を5曲ご紹介!

 
 
indigo la End 「夜汽車は走る」
川谷絵音って女性なんじゃないか、と思えてくるほど女心をつかむ優しく切ない歌詞。
 
 
SHISHAMO「君と夏フェス」
女の子のちょっとした瞬間を描いた歌詞に思わず「わかる!」と叫びたくなる。
 
 
androp「Shout」
心の深部にまで届く歌詞に揺さぶられる。つらいときに聴きたいバンド。
 
 
チャットモンチー「こころとあたま」
かわいい声とは裏腹な本質を突いた歌詞にはっと気付かされる。流行のJ-POPは薄っぺらいと感じる人に。
 
 
HY「あなたを想う風」
つづられる感動的な歌詞に涙があふれる。流行に左右されない普遍的な愛のかたち。
 

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.