越えられないハードルはない! 大原櫻子、「サンキュー。」でついにソロデビュー!

2014年12月05日

 映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロインとして華々しくデビューした大原櫻子。

劇中に散りばめられた、彼女扮する“小枝理子”の歌声が圧倒的だったからこそ、その歌声をもっと聴きたいと思っていた人も多いはずだ。そして映画公開から1年。ついに“大原櫻子”としてソロデビューを果たす。
 
取材/文:吉田可奈
 
 
 
――ついにデビューシングルが発売されますね。
 
 
「“やっと出せる!”というのが素直な感想です。映画に出演したときもスタート地点に立ったと言っていたんですが、今がまさに大原櫻子として最初の1歩だと思っているんです」
 
 
――そのデビュー曲のタイトルが「サンキュー。」。とてもポジティブで元気溢れる曲ですね。この曲を最初に聴いたときはどんなことを思いましたか?
「サンキュー。」って、すごくシンプルだけど、重みのある言葉ですよね。人と人の気持ちをつなげる言葉だからこそ、大事に歌わなくちゃとも思いました」
 

 
 
――歌詞で共感したところはどんなところでしたか?
「“名もなき言葉に負けそうになるんだ”というフレーズです。ツイッターやSNSが普及している今だからこそ、すごく簡単に相手を傷つける言葉が溢れていますよね。でも、逆にSNSはどんなに離れていてもつながっているような感覚を持つことができるメリットもあるんです。その両面をしっかりと歌詞で歌っているので、きっと多くの人に共感してもらえると思うんです」
 
 
――信じる人と一緒にいられることの奇跡を歌っている歌詞は、すごく勇気付けられます。
「そうですよね。この曲では、どんな向かい風が吹いたとしても、ちゃんと信じる人や、大好きな人がいるから頑張れると歌っているだけでなく、そういう存在にちゃんと“サンキュー”と伝えようというメッセージが込められているんです。私にとって、その存在は聴いてくれるファンの人たち。曲を通してあらためて感謝の気持ちが届いたら嬉しいですね」
 
 
――櫻子さんをみていると、すごく元気になるという人が多いと思うんです。でも、その元気の中には、熱い信念があるように感じるんですが、いかがですか?
「あはは。基本的にすごく熱いし、負けず嫌いですね」
 
 
――例えばどんなときに負けず嫌いがでるんですか?
「プロデューサーの亀田さんは、私が越えられるギリギリのハードルを掲げてくださるんです。そのハードルは普通に飛んでも越えられないんですが、しっかり努力して、頑張れば越えられるんですよね。だからこそ、その試練を与えられたことは自分への挑戦だと思い、乗り越えることが楽しくなってくるんです」
 

 
 
――ド根性タイプですね(笑)。
 
 
「はい! 根性は誰にも負けないと思います(笑)。小さな頃から、習い事は誰にも負けたくなかったので、家で必死に練習していました。でも、芸能活動を始めて、今あらためて思うのは、すべてが勝ち負けでは決まらないということ。これからは自分ができる限り頑張ることを前提として、優しい気持ちを持つことが大事だと思うようになりました」
 
 
――すごく成長したんですね。
 
 
「自分ではわからないですけど…、していたらいいですね。いま、こうやって人前で歌うことができているのもすごいこと。それなのに、大原櫻子(from MUSH&Co.)としてリリースした「頑張ったっていいんじゃない」の時期はすごく複雑な思いをしていたんです。というのも、小枝理子を意識するんじゃなくて、早く大原櫻子としてスタートを切りたかったんですよね。でも、今はあのリリースがあったからこそ、いま、こうしてちゃんと夢の第一歩である自分名義のCDがリリースできることに気づいたんです。意味のないハードルはないということをあらためて教えられました」
 
 
――何事も無駄な経験はないですからね。
「はい。この気持ちを忘れずに、これからも歌っていきたいと思っています」
――これからはどんなシンガーになりたいと思いますか?
「世代を超えて愛されるような歌を歌いたいと思っています。もちろん、おふざけの曲も大好き。でも、その曲の中にも、ちゃんと共感できるような強い芯を持ったものを歌っていきたいんです」
 
 
――同時に女優業もされていますが、歌と演技を両方することによる相乗効果はありますか?
「ありますね。今年の夏はドラマの撮影がぎっしりあったので、なかなか歌う機会がなかったんです。なので久々にライブをしたときに、とても不安があったんです。でも、演技で身に付けた表現力が手助けをしてくれたのか、本番はすごく楽しく歌えたんです。あらためて芝居と歌は共通点が多いことに気づきました。これからも歌とお芝居がうまく両立できるように頑張りたいと思っています!」
 

 
1st SOLO SINGLE
「サンキュー。」
11/26 ON SALE
 
【初回限定盤】CD+DVD:\1,500+税
① サンキュー。
② オレンジのハッピーハロウィン
③ 頑張ったっていいんじゃない(Acoustic Live ver.)with 制服女子歌い隊
④ サンキュー。(Instrumental)
⑤ オレンジのハッピーハロウィン(Instrumental)
 
★DVD付き
・サンキュー。(Music Video)
 
 
【3939限定盤】CD:\361+税
① サンキュー。
 
★3939枚生産限定
 
【通常盤】CD:VICL-36954 \1,000+税
① サンキュー。
② オレンジのハッピーハロウィン
③ 頑張ったっていいんじゃない(Acoustic Live ver.)with 制服女子歌い隊
④ サンキュー。(Instrumental)
⑤ オレンジのハッピーハロウィン(Instrumental)
 
 
LIVE
 
EX THEATER TV Presents COUNTDOWN EX 2014 to 2015
12/31(水)東京都 EX シアター六本木
 
 
 
 
 

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.