【成功者のノウハウ】モテない男性が美人な女性と付き合う方法

2018年05月15日

見た目が地味、ブサイク、イケメンではない。年齢が30、40代になってモテないが加速した。そんな人向けに、モテなかった男性が美人と付き合った、モテるようになったと語る「モテるためのノウハウ」をご紹介します!
 
 
私(自分)はモテない。
 
それは単なる被害妄想や冗談での自虐なんかではなく、
「女性から告白されたことがない」
「女性に見向きもされない」
「30、40代になり恋愛対象としてみられなくなった」
 
そんな現実を体験してきた、今まで歩んできた人生を経験し、そう考えている人がほとんど。
 
イケメンではない男性は女性にモテない。美人な人とは付き合えない。
 
「その考えは正しいのだろうか?美人な女性と付き合うことは絶対に不可能なのか?
 
 
正しいとするならなぜ、見た目がイケていないお笑い芸人がたくさんの美人な女性と遊ぶことができ、イケてない男性が美女と恋人のように歩く光景をよく目にするのだろうか?
 
 
そこにはイケてない男性がモテるため、美人と付き合うための見えない努力があった!
 
今回ご紹介するのは、見た目がイケメンとは言えないお笑い芸人「よゐこ」の濱口が語る、「見た目がブサイク、地味な人」「30、40代のさえない男性」がモテるための恋愛テクニック
 
 
「濱口が有名なお笑い芸人だからモテる」と決めつけるのはまだ早い!
 
美人な女性からすれば、数多くいる芸能人、俳優、歌手、会社経営者と出会ったり付き合うという選択もある。
それにも関わらず濱口を選んだ、ということだ。
 
そんな濱口が教えるモテるテクニックは一般の人たちでも簡単に実践、マネできる恋愛テクニックばかりなのでぜひ参考にしてみてね。
 
 
いきなり黄金伝説などのバラエティ番組でも有名なお笑い芸人「よゐこ」の濱口は、「お笑い界でトップクラスにモテる」と言われている。
 
過去には有名なアイドルやモデルたちと交際してきた。
 
 
濱口は学生時代などはあまりモテる方ではなく、クラスでもおとなしいグループのポジションにいたようだ。
 
2018年現在、濱口は46歳で身長は168cm、体重も標準で体型も一般的。
見た目に関しては一般の人とあまり変わりはないが30代の頃からモテ続けてきたと語っている。
 
 

自分はイケメンではない、モテない、と自覚する!そして自分から積極的にアプローチ!

 
 
ポイント
・イケてない男性は待ってても相手から連絡や誘いはこないと認識
・好きになった女性に自分から積極的に連絡したりアプローチをする
・遊びや食事の誘いは嫌がられない頻度で行う
・相手が嫌がっていたらすぐにやめる!相手の気持ちを察知する
 
 
濱口は好きになった女性は自分から積極的に話しかけたり、連絡を送るとのこと。
また、誘い過ぎて女性に気持ち悪がらたり嫌われないよう気をつけながら、どんどんご飯や遊びの誘いをしているという。
 
自分から積極的にアプローチするのには明確な理由がある!
 
「モテない男性は待っていても相手から連絡や誘いはこないから」
 
ブサイク、イケていないと自覚してるからこそ、どれだけ待ってても相手から「好きです」と言ってくれることはほぼ0%。
 
だから、好きになってもらえるように自分から積極的にアプローチをしていく!と語る。
 
待っていても可能性は0%だけど、自分からアタックしていけば少なくとも最低でも1%以上はある。
これは確かに正しい。
 
 
また、連絡やお誘いをして明らかに相手からの反応が悪い、ダメそうな雰囲気の人は早く切り替えて諦めるのがコツとのこと。
 
周囲の女性に悪い噂が回る可能性があり、好意を持ってくれなさそうな人に頑張ってアプローチしても付き合える可能性は極端に低い。
 
ダメだったら、女性は世の中にたくさんいる!と気持ちを切り替える早さも大事なようだ。
 
ポイント
・イケてない男性は待ってても相手から連絡や誘いはこないと認識
・好きになった女性に自分から積極的に連絡したりアプローチをする
・遊びや食事の誘いは嫌がられない頻度で行う
・相手が嫌がっていたらすぐにやめる!相手の気持ちを察知する
 
 
 

最初は複数人で会う!いきなり2人で会うのは難易度が高い!

 
ポイント
・初めて遊ぶ、ご飯に行く、デートするなら最低3人以上で会う
・初めて会った後、次に会うまでに相手に好きな気持ちを伝え、意識してもらう
 
 
今までの経験から、
モテない、イケてない男性が好きな女性にいきなり二人で会おう、ご飯に行こう、と言ってもほぼ確実に断られる、と濱口は話す。
 
過去にも何度も断られてきたそうだ。
 
 
そこで、最初の遊びやデートは友達を交えて会おう!と誘うと会ってくれる可能性が高くなるとのこと。
 
この発言をした時近くにいた女性もこの意見に賛同!複数人で会うなら行きやすいと納得。
 
さらに、自分の友達を誘うよりも、好きな女性に友達を連れてきてもいい、友達の分もおごってあげる。
と話すのがおすすめだそう。
 
女性も自分が仲のいい友達がくれば安心して遊びに行けるからだ。
 
そして最初ご飯や遊びに行き、次に誘いをする際には相手に「好き」という気持ちを伝える。
 
「「好き」って分かっててもらった方が相手もだんだん意識してくれるんですよ」
と話す。
 
 
相手に「私のこと好きなんだ」という意識を持たせることが大事なポイントのようだ。
 
 
ポイント
・初めて遊ぶ、ご飯に行く、デートするなら最低3人以上で会う
・初めて会った後、次に会うまでに相手に好きな気持ちを伝え、意識してもらう
 
 
 
好きな女性には積極的にアプローチする!
ただし相手が嫌がっていたらすぐに諦める!
 
 
これを忘れず恋愛に挑戦してみてね。
 
 
 

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2014 レコード新聞社 All Rights Reserved.