嵐のライブチケットが数十万円!?一般人にはわからない価格が高騰する理由

2016年04月07日

 ここ最近あるニュースが日本で話題になっています。
 
何年も前から問題になっている音楽のライブチケット転売問題。
転売目的で購入する人が多く、純粋に音楽を楽しみたいというファンが正規料金の何倍も高い金額を払わされることが問題となっている。
 
顔認証はそんな転売を防ぐために、購入した人と違う人がそのチケットは使えないようにするというシステムだ。
 
はっきり言いますが転売行為というのは、
「音楽を楽しみたい」「好きなアーティストに会いたい。生の歌声を聴きたい」というファンの気持ちをふみにじる最低な行為です
 
アーティストやスタッフが1枚のチケットに数千円~数万円の価値を生み出すのに毎日どれだけの努力をしているのか。どれだけ苦悩しているのか。
 
ファンが1枚のチケットを取るためにどれだけ必死にファン活動をしているのか。プライベートの時間をどれだけアーティストのために捧げているのか。
 
アーティストとファンのお互いが努力し、お互いがお互いを支えあっている関係。
 
疑問:その間に無理矢理割って入って転売する人々は、チケットを転売することでアーティストとファンにどんな支えが生まれるのですか?
 
アーティストの日々の努力にタダで乗っかって、ファンの気持ちを利用して高値で売る。
卑劣で最低だということにいつ気付いてくれるのでしょうか。
きっと誰がどれだけ言ってもきっと転売はやめないのでしょう。
 
 
熱くなってしまい、話がだいぶズレてしまいました……
 
話を戻します。
嵐のニュースを読んだ一般の人からすると、
「たかがライブのチケットに数十万円!?意味がわからない。」
と思う人も多くいることでしょう。
 
そこで、
・なぜ嵐のチケットの価格がここまで高騰するのか
音楽ファン以外の人にわかりやすく、ざっくりと解説します!
 
 
・誰が買うの?
 
まず転売されるチケットを買う人というのは、ほとんどの場合ライブを見に行きたいファンです。当然ですね。
 
ライブチケットは、まずは年間費4000円のファンクラブ会員に先行でチケットが販売されます。
ファンはこのときにチケットが入手できなかった場合、その後販売される一般チケットを電話またはコンビニで争奪することになります。
 
 
・どれだけの数の人がライブに行きたいと思っているの?
 
「本気でライブを見に行きたい。」
という人は年会費4000円を払うファンクラブ会員数とほぼ同じと考えて良いでしょう。
 
そんな嵐のファンクラブ会員数はなんと約190万人!
家族や友人の名義を借りているファンもいるようだが、それでもこの数は圧倒的だ。
 
 
参考に他のジャニーズアイドルの会員数を見てみよう。
SMAPで会員数が約100万人、KinKi Kidsで約50万人、関ジャニ∞で約46万人とどれも音楽業界で見るとファンの多さはかなりの数字。
しかし、嵐の会員数と比べてみると嵐がどれだけ人気かよくわかるだろう。
 
今回話題になっているライブツアーは座席数が平均で約1万席ほどある広いアリーナ会場で行われるが、約1万席なんかじゃ全然足りないと思っている嵐ファンがかなり多いようだ。
 
そんなライブツアーのチケットが当選する倍率は[全6会場倍率比較]嵐 アリーナツアー2016 まさに宝くじ並!!を参考にしてみると、(手抜きでごめんなさい。)
平均で約50倍前後!
 
何度もライブに通っている屈強な嵐ファンたちが、「なにこの倍率」「運試しだわ」と悲観しているのだから当たる確率は相当低いのがわかるだろう。
 
あまりにも人気なため、日本一入手困難なチケットとも言われています。
 
 
・その結果
 
したがって190万人の中からライブに行けるファンの数はほんのわずかしかいない。
190万人もの人の中にはお金に余裕があるファン、いくらお金を出してもいいから嵐に会いに行きたいというファン、が多くいる。
 
そんなファンの気持ちとオークション制を利用し、ファン同士を競わせてチケット価格を数万円から何十万円へと引き上げるのだ。
 
 
なぜ何十万円も払ってでも行きたいのか。
そんなファン心理が詳しく知りたい人は下をチェック
※一部ファンの心理です。これがファンの全てではありません。
 
ヤフー知恵袋
 
個人ブログ
 
 
好きなアイドルやアーティストのためならいくらでも出すという人は世界中にいます。
しかしそれは音楽業界に限らず、趣味や物、食べ物や遊び、旅行など、自分の好きなことにはいくらでもお金出すという人となんら変わらないと思っています。
 
だからわたしは、愛する者への気持ちを利用した転売が許せないのです。
 

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.