【CDショップ大賞】星野源が受賞!

2016年03月09日

 全日本CDショップ店員組合は9日、「第8回CDショップ大賞2016」授賞式を開催し、大賞、準大賞をはじめとする、部門賞などを選出!
CDショップ大賞2016に選ばれたのは星野源!
 
《第8回CDショップ大賞2016》
(大賞)星野源「YELLOW DANCER」
(準大賞)水曜日のカンパネラ「ジパング」
(準大賞)WANIMA「Are You Coming?」
 
 
《大賞作品》星野源『YELLOW DANCER』 VICL-64439 定価\3,000(税抜)(通常盤)

1.時よ
2.Week End
3.SUN
4.ミスユー
5.Soul
6.口づけ
7.地獄でなぜ悪い
8.Nerd Strut (Instrumental)
9.桜の森
10.Crazy Crazy
11.Snow Men
12.Down Town
13.夜
14. Friend Ship
星野源は1981年1月28日、埼玉県生まれ。学生の頃より音楽活動と演劇活動を行い、音楽家・俳優・文筆家として、幅広く活躍中。
音楽活動は、2000年に自身が中心となりインストゥルメンタルバンドSAKEROCKを結成(2015年に解散)。
10年に自身の1stアルバム『ばかのうた』で第3回CDショップ大賞2011入賞、11年にリリースした2ndアルバム『エピソード』では第4回CDショップ大賞2012準大賞を受賞。
そして13年5月発売の3rdアルバム『Stranger』(第6回CDショップ大賞2014入賞)をリリース、初の武道館公演を収録した初ライブ映像作品『STRANGERINBUDOKAN』(14年8月発売)は、本作品は第7回CDショップ大賞2015のライヴ映像賞にも輝く。
その後も、15年3月には初の横浜アリーナ単独公演2days、8月には弾き語りソロ・ライブ「星野源のひとりエッジin武道館」2daysと大規模公演を次々と成功させ、15年12月2日にリリースした4thアルバム『YELLOWDANCER』も売れ行きは好調だった。
今年1月からスタートし、現在、絶賛開催中の全国ツアー『YELLOWVOYAGE』では、さいたまスーパーアリーナ2days、追加公演の日本武道館、大阪城ホールを含む13公演すべてが即日完売するなど、今最も注目を集めるアーティストとなった。
 
☆ショップ店員の声
星野源『YELLOWDANCER』を選出したCDショップ店員たちは、「文句なしに素晴らしい作品。星野さんが敬愛するマイケル・ジャクソンのソウル感はもちろん他にも影響を受けたアーティストへの愛が溢れた曲がたっぷり!この作品にリアルタイムで出会えたことを本当に嬉しく思います。今最高のエンターテイナー星野源から目を反らしたら一生の損!!」/「今、ジャパニーズ・ポップスと言われたらこの人、俳優や作家など多方面で活躍中の星野源。彼の歌は沈んだ気持ちを明るくハッピーにしてくれる。彼の歌声はもちろんのこと素晴らしいミュージシャン達を迎えて収録されている楽器の演奏は思わず体が動き出すようだ。」/「THIS IS J-POP!!前作から実に2年半、星野源が贈る『YELLOWDANCER』、一言で表すならば『濃縮・星野源』でしょうか。ジャンルの垣根を越えたバラエティ豊かな曲の数々は、彼が培ってきた音楽の集大成と言えます。“このアルバムは今を生きるあなたに向けて作りました”と語る星野源。“こりゃぁ、踊らなきゃ損ってもんだな!”そんな気持ちすらこみ上げる、圧倒的なまでの幸福感に満ちた傑作です。」/「日本の音楽史に残る、最高のpopアルバム!」と、今作品を絶賛している。
 
大賞を受賞した星野源は、店頭配布用のフリーペーパー「組合報」の誌面にて、「最高の喜びです。2ndアルバム『エピソード』に準大賞を、さらに全てのアルバムに入賞をいただき、さらにそこから大賞をいただけるなんて本当に嬉しいです。ありがとうございます!」と受賞の喜びを語った。
 
《準大賞》 水曜日のカンパネラ『ジパング』 TRNW-0150 定価\2,315(税抜)

1.シャクシャイン
2.猪八戒
3.メデューサ
4.ラー
5.ツイッギー
6.ウランちゃん
7.ライト兄弟
8.小野妹子
9.西玉夫
10,マッチ売りの少女
水曜日のカンパネラは、主演/歌唱担当のコムアイ、作曲/編曲担当のケンモチヒデフミ、それ以外担当のDir.Fからなるユニット。
2012年夏に初のデモ音源「オズ」「空海」をYouTubeに配信して始動。2013年に下北沢ヴィレッジヴァンガード限定で発売された1stミニ・アルバム『クロールと逆上がり』、全国タワーレコードと下北沢ヴィレッジヴァンガード限定で発売された2ndミニ・アルバム『羅生門』をリリースすると、その楽曲に加え、ユニークなミュージック・ビデオの数々が音楽ファンの注目を集め、全国各地のフェスなどにもひっぱりだこに。
さらに、自主企画イベントで行った鹿の解体ショーといった独特なパフォーマンスも話題を集めた。
そして2014年には『シネマジャック』、『私を鬼ヶ島に連れてって』の2枚のミニ・アルバムをリリースし、今回受賞作に選ばれた約1年ぶり5枚目となるアルバム『ジパング』のリリースツアーは、全国公演のチケットが即完売するなど、その注目度はますます高まっている。
さらに今年は、3月15日にはテキサス州オースティンで開かれる音楽・映画・ITのコンベンション&フェスティバル「SXSW2016(サウスバイサウスウェスト2016)」への出演が決まっており、今後は日本国内のみならず、さらに幅広い活躍が期待されている。
 
☆ショップ店員の声
水曜日のカンパネラ『ジパング』に投票したCDショップ店員たちは、「ようやく彼女たちの時代がきたという感じ。侵食という言葉があるけれど水カンの音楽はまさにそれで、じわじわと侵されて気が付いた時にはすっかり虜になっている。好き嫌いが分れるというのは重々承知だけど、聴かず嫌いせずに、まずは一度聴いて欲しい。」/「追いつけ追い越せなJ-POPシーンに突如として、結構、真面目に、そしてユーモアたっぷりに登場した彼女たち。正義の味方であり、革命家の記念すべきお茶の間への誕生である。センセーショナルなリリックをポップで心地よいトラックに乗せ、音楽とはこうあるべき!などと難しく考えさせずに、シンプルに聴く耳に小気味よく、J-POPの真髄を再認識させてくれる。こんな時代だからこそ!これを聴いてあなたも、誰かに“YourJustice!”と心から叫べる気分を!一度、ご堪能あれ!」/「新世代文化系ゆるふわHIPHOP!「桃太郎」で衝撃を受けた人は数知れず。一見ダジャレのような歌詞がとてもクセになる他にはない世界観を持ったアーティスト。ダジャレか?ラップか?て思うんだけど、洗練されたポップなサウンドに魅せられる。「ジパング」でもシャレの効いた歌詞のオンパレードで、非常に楽しめる作品。」と絶賛した。
 
準大賞を受賞した水曜日のカンパネラのコムアイは、店頭配布用のフリーペーパー「組合報」の誌面にて、「愛娘のへそ曲がりアルバム『ジパング』が日本の大衆音楽市場を主戦場にできたんだな、と実感しました。老若男女サウンドをこれからも目指したいと思います。デビュー当初から、CDショップ大賞取れたらいいねって話していました。と言いたいところですけど、準すか。準なんすか。大賞誰なんすか」と準大賞受賞のコメントを語った。
 
《準大賞》 WANIMA『Are You Coming?』 PZCA-76 定価\2,300(税抜)

1.ここから
2.夏の面影
3.いつもの流れ
4.Japanese Pride
5.SLOW
6.TRACE
7.1CHANCE
8.リベンジ
9.いいか
10.Hey yo…
11.エル
12.Thanx
13.また逢える日まで
WANIMAは、KENTA(ベース/ボーカル)、KO-SHIN(ギター/コーラス)、FUJI(ドラム/コーラス)の3ピースバンド。
2008年春に結成され、12年に現在の編成に。14年にKenYokoyamaのツアーに参加し、同年8月PizzaofDeathRecordsとレーベル&マネージメント契約を結び、初の全国流通盤1stミニ・アルバム「CanNotBehaved!!」をリリースした。
2015年には全国各地の大型フェスへの出演が続く中、8月に1stシングル「ThinkThat…」をリリース。そのツアーでは全国12公演中11公演がSOLDOUTになるなど注目度はさらにアップ。
そんな中、11月にリリースした1stフル・アルバム「AreYouComing?」と合わせて発表されたアルバム・ツアーは、全30公演が即日完売。
これまでに発表したてきたミニ・アルバム、シングルもロングセラーを継続するなど、今もっと勢いのあるバンドとして各種メディアで熱く取り上げられている。
 
☆ショップ店員の声
WANIMA『AreYouComing?』に投票したCDショップ店員たちは、「音楽が好きな人すべてにおすすめしたい熊本出身3ピースバンド。泣きあり、笑いあり、型にはまらない自由な音楽で人々の心を掴む魅力たっぷりなWANIMA。それは、一度聴いたら耳から離れないキャッチーなメロディと感情を揺さぶる、どストレートな歌詞。また、力強さや哀愁感、ノリノリなものから激しいものまで、様々な曲を作り上げる彼ら3人自身が持つ人間らしさがあっての事だと思います。その一つ一つが形になっているのだから、好きにならないわけありません!!どっぷりと浸かっちゃってください!グッと刺さります。」/「音楽ってキモチイイものなんだぜ?ってことを思い出させてくれたWANIMA!今年、CDを販売していて一番キモチヨカッタ気がします。だって、たとえワンチャンだとしても出会ってしまったんだもの。WANIMAでつながったんだもの。」/「とにかくかっこいい!ひたすらなパンクロックではないところに聴き手を飽きさせない新鮮さを感じます…!聴けば終始心を掴まれている一枚です!大満足!」/「今かかってるの何ですか?ストアプレイで流しているとお客様からお問い合わせ頂きます。“行かなきゃ会えない音がある。”まさに、このスローガンにぴったりの作品だと思います。思わず耳が、身体が反応してしまう1枚です!!」と絶賛。
 
準大賞を受賞したWANIMAの3人は、店頭配布用のフリーペーパー「組合報」にて、「沢山の方々にWANIMAの音楽が届いた事が非常に嬉しいです。沢山の方々に支えられての準大賞です。大賞獲りたかった~!(悔泣)」と、受賞の感想を語りました。
 
《部門賞》
部門賞は任意投票となっており、最終選考投票時に投票、その他選考基準、選考対象期間、投票方法などはCDショップ大賞に準じる。
◇洋楽賞 : 「25/Adele」
※オリジナル楽曲で構成された洋楽アルバムを選出する。国内盤、輸入盤は問わない。ただし再発、ベスト盤は除く。
◇マエストロ賞 : 「葡萄/サザンオールスターズ」
※永年にわたり音楽シーンを牽引し、目覚ましい功績を残しながら、今なお第一線で活躍を続けているアーティストの作品(邦楽オリジナルアルバム、ベスト盤を除く)を選出する。
◇ライブ作品賞 : 「Deka Vs Deka~デカ対デカ~/マキシマム ザ ホルモン」
※ミュージックビデオやプロモーションビデオでない、DVD 等の作品を対象に、2015年に発売された素晴らしいライヴ映像作品を選出する。
◇クラシック賞 : 「ファンタジー/清水真弓」
※邦洋問わず国内盤、新譜、新録音のCDが対象となる。
◇ジャズ賞 : 「Butterfly/fox capture plan」
※邦洋問わず国内盤、新譜、新録音のCDが対象となる。
◇演歌賞 : 「お岩木山/三山ひろし」
※演歌賞はシングルでもアルバムでも可とします。その他の選考基準はCDショップ大賞の選考基準に準じる。
◇リビジテッド賞 : 「THE BEATLES 1/THE BEATLES」/「SONGS-40th Anniversary UltimateEdition-/SUGER BABE」
※再発作品、再編集盤、発掘音源による新譜など、過去のアーカイブ音源を使用したアルバムで、アーティストの再評価に繋がる、パッケージの創り手の思いが伝わる作品を選出する。(洋楽、邦楽、国内盤、輸入盤は問わない。)
《入賞》(2016年2月17日に発表済)(アーティスト名50 音順)
□「L-エル-/Acid Black Cherry」
□「HAPPY/大原櫻子」
□「Obscure Ride/cero」/
□「シャンデリア/back number」
□「Bremen/米津玄師」
 
《地方賞》
全日本CDショップ店員組合の活動は、いま全国に広がっている。
全国各地域ごと、ブロックごとに、その地域ゆかりのいちおしアーティストを《地方賞》として発表する。
3社6人以上のCDショップ店員が集まった地域は、地域支部として認定される。《地方賞》の選考方法などは、それぞれの地域ブロック支部が決定するものとする。地域ゆかりのアーティストの定義は、『その地域出身』または『その地域で活動している』アーティストとしている。
第8回CDショップ大賞2016 では、全国を全11 ブロックで以下のアーティストを選出し、授賞式の会場で発表した。
北海道ブロック賞 : 「バックグラウンドミュージック/THE BOYS&GIRLS」
東北ブロック賞  : 「River Boat Song -Future Trax-/朝倉さや」
関東ブロック賞  : 「THE BAY/Suchmos」
甲信越ブロック賞 : 「Never Let Me Go/北園みなみ」
北陸ブロック賞  : 「SAD COMMUNICATION/POLTA」
東海ブロック賞  : 「organism/Qaijff」
関西ブロック賞  : 「By My Side/夜の本気ダンス」
中国ブロック賞  : 「藍のうた/カナタ」
四国ブロック賞  : 「tick/LONGMAN」
九州ブロック賞  : 「≒/BLUE ENCOUNT」
沖縄ブロック賞  : 「People People/MONGOL800」
◇CDショップ大賞は、全国のCDショップ店員の投票のみで選出される賞である。
今、音楽を取り巻く様々な課題がある中、CDショップの現場からもっと音楽を盛り上げていくために2008年に設立された。『行かなきゃ 会えない 音がある。』をスローガンに、メジャー、インディーズを問わず、過去1年間に発売された作品を対象とし、素晴らしい作品、素晴らしい才能を伝えていくことを目標としている。これまでに、相対性理論『シフォン主義』(第1回、2009年5月)、THEBAWDIES『THIS IS MY STORY』(第2回、2010年1月)、andymori『ファンファーレと熱狂』(第3回、2011年1月)、ももいろクローバーZ『バトルアンドロマンス』(第4回、2012年2月)、MANWITH A MISSION『MASH UP THE WORLD』(第5回、2013年3月)、マキシマム ザ ホルモン『予襲復讐』(第6回、2014年3月)といった作品が大賞に選ばれてきた。
昨年第7回では、BABYMETAL『BABYMETAL』が大賞作品として選出されたほか、『魅力がすごいよ』ならびに『みんなノーマル』の2作品がノミネートされ、『魅力がすごいよ』が入賞した、ゲスの極み乙女。を「BEST ARTIST賞」として選出した。
 
◇第8回となる今回は、2015年1月1日~2015年12月31日までにリリースされた邦楽オリジナルアルバム(ベスト盤を除く)を選考対象としている。
一次ノミネートは2015年1月1日~6月30日までに発売された作品を対象に2015年6月19日から2015年7月3日に投票を行い、10 作品を選出、二次ノミネートは再度年間通して振り返り、2015年1月1日から2015年12月31日までに発売され、一次ノミネートで選出された10 作品を除いた作品を対象とし2015年11月30日から2015年12月14日に投票が行われ10 作品を選出した。
その結果、選出されたノミネート全20 作品からCDショップ大賞にふさわしいと思う作品を最終選考投票(2016年1月6日~1月17日)にて全国のCDショップ店員が全ノミネート20 作品の中から1 作品を選出し、投票した。その結果、投票数の多かった上位8 作品を入賞作品とし、その中から最も投票数の多かった星野源『YELLOW DANCER』を大賞に、また水曜日のカンパネラ『ジパング』、WANIMA『AreYou Coming?』の2 作品を準大賞に選出した。
全日本CDショップ店員組合では本日の受賞作品発表を受け、POPやフリーペーパーをはじめとした販促ツール等の配布を全国のCDショップに対して行っていくほか、全国のCDショップによる店頭POPのコンテスト等を開催するなど、店頭での更なる話題化、活性化のサポートに尽力していくとしている。
《全日本CDショップ店員組合について》
全日本CDショップ店員組合は、「CDショップの現場から音楽を盛り上げていきたい。」「CDショップ店員ひとりひとりの情報発信力を高めたい。」
そんな想いを持つCDショップ店員有志を中心にはじまったプロジェクト。
現役のCDショップ店員を中心に運営され、今回のプロジェクトの趣旨に賛同した編集、クリエイティブ、PR、WEB 制作などのサポートスタッフによって支えられている。
CDショップ大賞実行委員会事務局 担当:吉川 TEL/03-3499-5635 FAX/03-3499-3117
〒106-0031 港区西麻布4-16-7 ハウス西麻布201
NPO 法人ミュージックソムリエ協会
 

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.