RAM WIREの「僕らの手には 何もないけど、」が映画「鏡の中の笑顔たち」主題歌に決定 !

2015年03月26日

 芸人・鉄拳によるパラパラ漫画PVが話題となった「名もない毎日」、俳優「松坂桃李」が人生で一番泣ける曲と大絶賛した「歩み」など多くの人気曲を生んだ話題の男女3人組グループ「RAM WIRE」。
 
前作のミニアルバム「夢のあかし」から、1年3ヶ月ぶりとなる最新シングル「僕らの手には 何もないけど、」が5月27日に発売され、5月30日より全国公開される映画「鏡の中の笑顔たち」の主題歌に決定した!
 
 

 
<リリース情報>
RAM WIRE 5th シングル 5/27発売
 
通常盤CD :¥1,300 
1、僕らの手には  何もないけど、
※映画「鏡の中の笑顔たち」主題歌
2、C/W タイトル未定
3、C/W タイトル未定
 
期間限定ワンコイン盤CD:¥500
1、僕らの手には  何もないけど、
※映画「鏡の中の笑顔たち」主題歌
 
 
●映画「鏡の中の笑顔たち」 <5月30日(土)より角川シネマ新宿他、全国公開>
<物語>
あなたの笑顔が見たい―。
数々のコンクールで輝かしい賞を受賞し、東京都内の人気美容室でカリスマ美容師として働く井上遼(白石隼也)。自分の技術を高めることだけにまい進する彼は、同じ職場の同僚にとって、とっつきにくく妬ましい存在だった。
ある日、遼は担当する人気モデルから交際を申し込まれるが、思わず冷たくあしらってしまう。そしてそれが原因で不服にも店を解雇され、不運にも自宅のアパートまで火事になってしまう。路頭に迷った遼は、疎遠になっていた故郷へと足を向けた。
 
地元でカフェを営んでいる先輩・倉橋和也(中尾明慶)を訪ねた遼は、和也の紹介で地元の美容室に1週間だけお世話になることに…。
そして、その店で働く高橋まり(夏菜)に出会う。相変わらず店の中で孤立し、淡々と日々を過ごす遼。
 
そんなある日、店の店長・松野が、遼とまりに訪問美容の話を持ちかけてきた。そして店長は、訪問美容に全く興味のない遼を強引に連れ出し、病院の一室へと案内する。
 
そこには髪を切りにきてくれたことに喜ぶ1人の女の子が待っていた。仕方なく髪を切り始めるのだが、髪を切り終わったとき、遼は鏡の中で微笑む女の子と自分の笑顔に出会う。その日を機に、遼の心に小さな変化が訪れ、同僚のまりとともに訪問美容に参加することに…。
 
【出演】白石隼也、夏菜、中尾明慶、瀬古千裕、深田 綾/松下由樹/ミッキー・カーチス/松原智恵子 他
【監督】喜多一郎【脚本】瀬古千裕、喜多一郎
【配給】ピーズ・インターナショナル
【後援】全日本美容業生活衛生同業組合連合会、札幌市【支援】さっぽろ産業振興財団
© 2015「鏡の中の笑顔たち」製作委員会
 

RAM WIREの過去記事

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.