西野カナ 優しく相手を思いやる気持ちを教えてくれるあたたかいラブソング

2014年09月01日

一生懸命に輝く女性たちに向けた等身大の応援歌「We Don't Stop」に続く待望の新曲「Darling」は、西野カナ史上、これまでにないほど自然体で温かな光にあふれたカントリー調のラブソング。思わず微笑んでしまう歌詞のことはもちろん、カップリングの2曲についてもたっぷり聞いてきました! 取材/文:吉田可奈

――先日行われたベストアルバムツアーはいかがでしたか?
「これまで自分が作ってきた曲だけで、満足のできるセットリストを組むことができたことがすごく嬉しいんです。あらためてこれまでやってきてよかったなって思いました」
――アリーナツアーでありながら、ファンとの会話のキャッチボールもできていて、すごく絆を感じたライブでした。
「ありがとうございます。やっぱり、会場が広い狭い関係なく、コミュニケーションが取れるのはライブ会場しかないんですよね。だからこそ、みんなと一緒に楽しむ場所でありたいと思ったんです」



――そのツアーファイナルで初めて「We Don't Stop」を披露していましたね。
「はい。この曲はドラマ主題歌ということもあり、たくさんの人に聴いてもらえるいい機会になりました。曲もMVもかなり作りこんだ楽曲になっていたので、その次にリリースする曲は、少し肩の力が抜けた曲にしたかったんです」
――それが「Darling」ですね。今まで以上にキュートで自然体なラブソングで驚きました! この曲は最初から表題曲(シングル1曲目)として書いていたんですか?
「いや、実はカップリングとして用意していたんです。でも、スタッフみんなに聴かせたときの反応がすごくよくて、それなら、“これを1曲目にしちゃおう”ってなったんです」
――カナやんのカップリングにはこのような肩の力が抜けた曲も今までにはたくさんあったと思うんです。それらの曲が好きだといってくれるファンも増えていたから、きっと喜んでもらえると思いますよ。
「そうだといいなぁ! 「Darling」は本当にわたしのありのままの感性で書いているんです。だからこそ、幅広い世代の人に聴いてもらえたら嬉しいですね」

――サウンドもカントリー調に初挑戦していますね。
「この曲は、いつもツアーでギターを弾いてくれる方にお願いして作ってもらいました。最初に聴いたときに、すごく気持ちのいいメロディだったから、どんな歌詞を乗せようかすごく悩んだんですよね」
――たしかに、カントリーってあまりJ-POPのイメージがないですよね。
「そうなんですよ。それに、新しい事に挑戦するなら、わたしの新たな面を出したいと思いつつ、クスッと笑えるような曲になるといいなって思ったんです」
――その“クスッと笑える”という狙い通り、歌詞にはクスッと笑わせてもらいました(笑)。
「この曲の主人公のイメージは“お母さん”。子どもが脱ぎ散らかしたものを“しゃぁないなぁ”って言いながら“でもかわいいなぁ”って思って片付けたりするような風景を想像して書いたんです。それこそ、うちのおばあちゃんは、おじいちゃんが脱いだ靴下とかを“抜け殻”って呼んでいて(笑)。それがすごくかわいらしくて忘れられなかったんですよね」
――たしかにお母さんと子どもの無償の愛にも感じるけど、カップルの可愛らしい曲としても仕上がっていますよね。
「そうですね。この歌詞は、いまだからこそ書けた歌詞かな。以前は歌詞にでてくるようなだらしない男の人をかわいいと思えなかったんですよ(笑)。もちろん、いまもあまりにもだらしなかったらイラッとしちゃうから、そういうときにこの曲を思い出せば、ちょっとは“今日は抑えておこう”って思うきっかけになるんじゃないかなって思うんです」
――あはは。すごくわかります。でも、実は、これくらいのバランスで成り立っている恋愛のほうが幸せなのかなってわかる時期が来ますからね。
「あはは。そうなのかも。そういう人たちへのいい応援歌になったらいいですね」
――MVもとてもナチュラルな仕上がりでしたね。
「このMVは軽井沢で撮影したんです。その日は雨だったので、スタッフさんたちはとにかく撮影が大変そうでした。でも、そんなことを感じさせないくらいかわいいMVになっているんです。CGのスマホちゃんとリップちゃんがとってもかわいい動きをするので注目してもらいたいですね」



――さて、2曲目には「LOVE & JOY」が収録されます。
「「Darling」が肩の力が抜けた曲だったから、2曲目はパーティーチューンにしたかったんです」
――これはかなりライブで盛り上がりそうですよね。
「そのライブに焦点を絞って作りました! 次のツアーでできるといいなぁ。レコーディングもみんなのことを思い出しながら、ライブをしている感覚で歌ったので、その熱量が伝わると嬉しいです」
――そして3曲目にはバラードの「Still love you」。これは失恋ソングですよね?
「あ、気づきましたか(笑)? 去年のリリースがほとんど失恋ソングだったので、今年はハッピーな曲を書くぞと意気込んでいたんですけど、ハッピーな曲ばかり書いていたら、ついつい失恋ソングを書きたくなってしまい…」
――あはは。カナさんの中で、失恋ソングとハッピーソングのバランスがあるんでしょうね。
「でも、ずっと切ない悲しいという曲ではなくて、過去を思い出しながら温かい気持ちになり、でも、どうしようもない現実が目の前にある感じを歌詞にしたんです」
――たしかに、聴き終えた後に心が温かくなるようなバラードですよね。
「ありがとうございます。今までの失恋ソングとは角度が違うから、そう思ってもらえるのかも。曲が最終的にポジティブに終わるんですよ」
――そんな歌詞が書けたのは、いま、気持ちがポジティブだからですか?
「そうかも! 浮かんでくるネタが全部前に向いていて、ハッピーなものや、ほほえましい曲が多いんです。それらのネタを全部歌詞にしてみんなに届けられたらいいなと思うので、これからも楽しみにしていて下さい!」

西野カナ公式サイト

NEW SINGLE
「Darling」
8/13 ON SALE

【初回生産限定盤】CD+DVD:SECL-1549~50 \1,481+税
【通常盤】CD:SECL-1551 \1,165+税

① Darling
<フジテレビ系「めざましテレビ」デイリーテーマソング・
火曜日>
② LOVE & JOY
<ロート製薬 肌研シリーズ「極水」CMソング>
③ Still love you

【初回生産限定盤】
★DVD付き:「Darling」CDジャケットメイキング&Special Interview
★西野カナスペシャルライブ10/26(日)・27日(月)チケット先行抽選予約・応募チラシ封入
★オリジナルジャケット

LIVE
西野カナ『Special Live』
10/26(日)27(月)東京国際フォーラム ホールA

FREEDOM aozora 2014 九州
9/6(土)宮崎・みやざき臨海公園 サンマリーナ宮崎 多目的広場

こんな記事も読まれてます

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.