yazzmad 異形の皮を被ったオルタナティブバンド

2014年09月09日

yazzmad(ヤズマッド)の音楽を聞いて、ヴィジュアル系バンドの概念が崩れてしまう人も少なくないのではないだろうか。それほど、yazzmadの音楽性はヴィジュアル系のなかでは異端である。

yazzmad 「niche['ni:tʃə] (ニーチェ)」SPOT


エレクトロニカ、オルタナティブの要素を多く含んだ楽曲群。楽曲だけを聞いていると、下北沢の小さなライブハウスでロックファンに囲まれながらライブしている図が思い浮かぶ。しかし、実際には彼らが多くライブするのはヴィジュアル系のバンドが多くライブする高田馬場や池袋のライブハウスだ。

今作では、新しくベーシストとしてKAZAMIを迎えた。リード曲「踊るペリカン」では、3拍子のワルツ楽曲も披露。彼ら独特の濃厚な世界が展開されている。

9月27日には東京都中央区明石町でプラネタリウムワンマン公演"ツァラトゥストラはかく語りき"を開催。
yazzmadでしか体験できない稀有なライブとなりそうだ。


yazzmad ニューミニアルバム
9月17日発売予定『niche』

【yazzmad・オフィシャル・サイト】

 

yazzmadの過去記事

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.