最新の人気&おすすめなカラオケソング【男性】

2018年12月18日

カラオケで歌いたい最近流行りの歌、話題なおすすめ曲、定番な選曲を探してる!という人のために、人気&おすすめな男性歌手の邦楽カラオケ曲をご紹介します!【2018年12月18日 曲更新】
 
 

選曲基準

・最新~2015年前後の人気、おすすめな曲を中心に、2010年までの歌を選曲
・カラオケでよく歌われる、誰でも知ってるほど人気な男性アーティストの定番曲
・あまり知られていない、カラオケで歌うのにおすすめな歌
 
をテーマに厳選!
 
 
みんなが知ってる定番曲や最新の人気・おすすめな歌、歌いやすい曲まで、カラオケにピッタリな歌をいろいろ選曲したので聴いてみてね。
【曲は定期更新】
 

【人気・関連 音楽テーマ】

 
 

最新の人気&おすすめなカラオケソング【男性】

 

米津玄師「Lemon」

2018年カラオケランキング堂々1位の米津玄師。
ミディアムテンポながらもリズムにノリやすい、歌いやすいとカラオケで大人気!
耳に残るサビのメロディーはしっとり盛り上げたいときにおすすめ。
 
 

シャルル「バルーン」

ボカロ曲が歌いたくなったら2018年最新の人気曲「バルーン」!
疾走感あふれる、個性的なギターの音色がかっこいい1曲。
予想外できない曲の展開と独特のリズムは歌っていて楽しいこと間違いなしのおすすめ!
 
 

DA PUMP「U.S.A.」

「ダサカッコイイ」MVで2018年大ヒット中!
耳に残るメロディとテンションが上がるダンス曲が好きな人におすすめなポップス曲です!
 
 

RADWIMPS「前前前世」

大人気アニメ「君の名は。」の主題歌としてヒットした「前前前世」!
青春×疾走感があふれるギターとキャッチーなメロディがおすすめ!
一途に人を想う気持ちを独特な表現にのせた歌詞は女性ウケ抜群!
 
 

back number「瞬き」

キラキラとした雰囲気の中にどこか優しさを感じるメロディがおすすめな曲。
ミディアムテンポで耳に残るキャッチーなメロディはゆったりとしつつも盛り上がる!
 
 

米津玄師(+菅田将暉)「灰色と青」

優しく、そして切ないメロディと歌詞が人気な曲!
また、とても歌いやすい曲なのでカラオケでもよく歌われています!
盛り上がるサビも歌っていて気持ちいいのでおすすめ!
 
 

星野源「恋」

キャッチーで聴きやすいポップなメロディが人気なこの曲!
歌いやすい、ノリやすい曲なのでカラオケで盛り上がること間違いなし!
 
 

WANIMA「ともに」

青春×テンションが上がる×疾走感あふれるかっこいい1曲!
元気をくれる前向きな歌詞とメロディは、盛り上がること間違いなしのおすすめ曲です!
 
 

Mr.Children「HANABI」

2018年カラオケランキングTOP20に入る人気曲「HANABI」。
ミディアムテンポの爽やかさを感じさせながらも、どこか切ない雰囲気を感じさせてくれる、おすすめな泣ける曲です。
カラオケで歌いたくなるしっとりと盛り上がるサビもおすすめ!
 
 

Official髭男dism「ノーダウト」

デビューから一気に人気を集めているOfficial髭男dism。
聴きやすいポップ×ピアノのメロディがいいアップテンポな曲!
リズムにノリやすい1曲なので、盛り上げの1曲におすすめ!
 
 

UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」

アップテンポ×爽やかなメロデイで始まるカラオケでよく歌われる人気曲!
何度も聴きたくなるサビ前からオシャレに盛り上がるサビが歌っていて気持ちいい一曲!
 
 

[Alexandros]「ワタリドリ」

爽快感×飛び跳ねたくなるメロディとサビが歌っていて気持ちいいカラオケの人気曲!
前向きな気持ちにさせてくれる歌詞もおすすめ!
 
 

ONE OK ROCK 「Wherever You Are」

歌詞の9割が英語の歌詞というONE OK ROCKのバラードラブソング。
しっとりと切ない雰囲気を感じさせてくれるメロディが魅力。
かっこよく歌えれば、盛り上がること間違えなし!
 
 

清水 翔太 feat.仲宗根 泉(HY)「366日」

しっとりとした、切なくて泣けるバラードを歌いたい人におすすめなのがこちら。
切ない歌詞とメロディがバラード曲好きの間で人気の1曲。
 
 

GReeeeN「キセキ」

「キセキ」は10年近くたった今でもカラオケの人気曲!
前向き、元気をくれる歌詞に、爽やかなメロディがおすすめな曲!
カラオケで盛り上がること間違いなしの定番曲。
 
 
 

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2014 レコード新聞社 All Rights Reserved.