そのスクリーンショット画像は信用できますか?簡単にねつ造する方法

2016年12月07日

スマホが普及したと同時に日常で増えてきた「スクリーンショット」(スクショ)。
 
乗り換え案内や地図、気に入ったアプリやウェブの1ページなど、決まったボタンを押すだけでスマホの画面を画像として保存することができるとても便利な機能。
 
 
そして、スクリーンショットとは写真として保存ができる機能なので、
友達とのLINEのやりとりやSNS上の投稿を証拠として保存したり、周りの人たちに共有するために保存するということも増えてきている。
 
また、芸能人のやり取りがスクリーンショットで流出!そういう話題も増えてきている。
 
 
「スクリーンショットで撮った画像は信用できる」
そう認識している人もいることでしょう。
 
 
しかし、実はこのスクリーンショット。
パソコンを持っている人なら簡単に画像がねつ造できてしまうのだ。
 
 
※これらはウェブサイトやSNSなどでしかできないため、全てのスクリーンショットがねつ造できるというわけではありません。
 
 
ウェブサイトやSNSでの投稿など、このように簡単にねつ造ができてしまう。
 
 
 
「SNSで○○がこんな発言をしてる!」
アーティストの○○がこんなこと言ってた!
友達の○○が△△の悪口を言ってた!
 
そんな嘘やデマが広がってしまう、そんな危険性が十分にあるのだ。
 
 
実は
さらに他の手法でも簡単に画像をねつ造できる。
 
 
 
このように、スクショは簡単にいじることができるのだ。
 
もしも、スクショで撮られた画像が回ってきても、
「スクショだからこれは証拠だ!」
そんなふうに決めつけずに、嘘か本当かしっかりと自分の目で見極めてほしい。
 
 
 

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.