ハンター×ハンターの連載再開が決定!気になる出来事をまとめてみました

2016年03月15日

 2014年に休載していた「ハンター×ハンター」がなんと約2年ぶりに、2016年に連載を再開すると週刊少年ジャンプが発表!
 
連載再開に関する詳細な情報は2016年3月19日(土)に発売予定の週刊少年ジャンプ16号に掲載とのこと。
 
週刊少年ジャンプ16号には人気マンガ「暗殺教室」の最終回も掲載されているとあって多くの人が注目していることだろう。
 
 
多くの愛読者を抱えているにも関わらず、休載と連載を繰り返すマンガとして有名な「ハンター×ハンター」!
ストーリーが面白すぎるため休載するたびに多くの読者が落胆。
2014年に2週間だけ休載する予定だったようだが、気付けばなんと約2年近くも経っていた。
 
そこで今回、
ハンター×ハンターってどうなってるんだっけ?という人たちのために気になる出来事をまとめたのでご紹介していきます!
 
今どんな話の途中だっけ?設定とか忘れちゃった。
なんて人は読んでみてね。
 
※単行本のみを読んでいる人は注意!
まだ単行本化されていない話もありますので展開が知りたくない人はこのページを閉じてください。
それではどうぞ!
 
 
気になる出来事
 
・ゴンはどうなる?
 
キメラ=アント編終盤で驚異的な成長によりネフェルピトーを倒すゴン。
その後、能力の誓約の反動で見るに耐えれない姿となってしまったが、キルアの妹?弟?(性別不明)のナニカがゴンを元通りの姿に。
 
しかしなんと、ゴンは念能力が使えなくなってしまっていた。
暗黒大陸編ではいったいどうなるのか?
 
 
・キルアとゴンの黄金コンビが解散!
 
ゴンが元通りになったあと、
ゴンは父親を見つけるという旅の目標を達成し故郷に戻ることとなり、キルアはアルカ・ナニカと旅をすることを決めた。
 
ハンター試験会場で出会ってからずっと一緒に過ごした二人。
暗黒大陸編でどうなるのか気になりますね。
 
 
暗黒大陸編どうなる?
 
やはり今一番の注目は暗黒大陸がどんな展開になるのか!ということでしょう。
かなりざっくりではありますが暗黒大陸編の気になる要点をまとめました。
 
・死んだネテロ会長になんと息子がいることが発覚!
息子であるビヨンド=ネテロが暗黒大陸を目指すと宣言し暗黒大陸編がスタート。
 
ネテロ会長は直属の部下である「十二支ん」たちに息子のビヨンド=ネテロよりも先に暗黒大陸の探索をしてほしいと遺書のDVDで伝えるも、同時にハンター協会へビヨンド=ネテロをハントするよう命じられる。
 
・ゴンの親であるジンと問題児パリストンが十二支んを脱退!
その後、レオリオが十二支んに選出されレオリオも暗黒大陸を目指すことに。
さらになんとあの人物も?
 
・ゴンの親であるジンが暗黒大陸の調査兵団に入団!
元十二支んで調査兵団メンバーの問題児パリストンと対決の結果はいかに?
 
 
他にもまだまだたくさん出来事はありますが全てまとめるととても長くなってしまうので、かなりざっくりとまとめてみました。
続きが早く見たいですね!
 
 
【おまけ】
 
・ドン・フリークス?
300年以上も生きており暗黒大陸に詳しい人物。
名前にフリークスという名前があるが、ゴンの祖先?親戚?
 
 
・キメラ=アント編の謎の人物「ジャイロ」はでてくる?
キメラ=アント編の舞台となったNGL。そこの元国王であり、異様な雰囲気を持つジャイロ。
 
キメラ=アント編のストーリーでたびたびジャイロの名前がでてきたが、暗黒大陸編でも出てくるのだろうか?
謎の人物。
 

ハンター×ハンターの過去記事

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.