『アナベル 死霊館の人形』2014年最恐ホラーの最恐予告編が解禁!

2014年12月12日

2014年最恐ホラー映画『アナベル 死霊館の人形』の最恐の予告編が解禁となった!
実在する最も呪われたアナベル人形がどこまでも憑いてくる予告編となっている。
 
隣の家で殺人事件が発生、それを発見したフォーム夫妻。妻のミアが救急車を呼ぼうと家に戻るとそこには人形を抱いた女の姿が。「かわいいお人形」と囁き、夫妻を襲い始める。女は壁に謎の紋様を残し、自殺してしまう。
その首筋から垂れる一滴の血がアナベル人形の目の中に滴り落ちるのだった。二人はこの事件を克服し、新しい生活を始める。
女が抱いていた忌まわしい人形は確かに捨てたはずだったが、何故か段ボールの中に。
ミアは、ビンテージ人形で折角だから、と部屋に置く。あの女が呪いをかけた人形とも知らずに―。
 
 
アナベル 死霊館の人形
 
 
2015年2月28日(土)新宿ピカデリー 他ロードショー
 
 
©2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
 
ワーナー・ブラザース映画
 
 
出演:
アナベル・ウォーリス(『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(11))
ウォード・ホートン(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13))
アルフレ・ウッダード(『それでも夜は明ける』(13))
ケリー・オマリー(TVシリーズ「ゾウズ・フー・キル 殺意の深層」(11))
ブライアン・ホウ(『デビルズ・ノット』(13))、
トニー・アメンドーラ(TVシリーズ「ワンス・アポン・ア・タイム」(11~))
 
 
 
監督:ジョン・R・レオネッティ『バタフライ・エフェクト2』
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
製作:ジェイムズ・ワン、ピーター・サフラン
製作総指揮:リチャード・ブレナー、ウォルター・ハマダ、デイブ・ノイスタッター、ハンス・リッター
撮影:ジェイムズ・ニエスト
美術:ボブ・ジームビッキー
 
 
■Introduction
観客にインパクトと驚きを与え続けるホラー映画界のヒットメーカー、『死霊館』『ソウ』シリーズのジェイムズ・ワンが贈る全世界震撼2014年世界No.1大ヒットホラーが日本上陸!
コネティカット州にあるオカルト博物館に今も厳重に保管され、月2回神父が祈祷を施すほどの最も危険な存在と恐れられる人形、悪名高き彼女の名は“アナベル”。フォーム夫妻のもとに届けられ、ある事件を境に平和な日常が激変してゆく…
“史上最も呪われた人形”がどこまでも憑いてくる極限の恐怖に耐えられるか!?
―やがてアナベル誕生の秘密が明かされるとき、真の恐怖と衝撃が全身を襲う!!
 
 
 

アナベル 死霊館の人形の過去記事

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.