少女時代 たとえ別れても心は1つ…友達との絆を歌うバラード

2014年10月07日

先日、ジェシカの脱退が発表された少女時代。それと前後して発表された新曲「DIVINE」は、別れることになった友達との絆を歌ったバラードになった。NTTドコモ dメニュー・エンタメウィークで、ティファニーは「Indestructible」の延長線上にこの曲はあるとコメント。「絶対に離れたりしない」と友情を誓う「Indestructible」の先で待ち構えていた結末とは…!?




少女時代の新曲「DIVINE」


タイトルにもなっている「DIVINE」は「神聖な」という意味の単語。でも、女の子が「超いいよね~」とほめるときにも使う言葉。サビの最後で歌われる「We can be divine」というフレーズは「うちら超いい関係でいられるよ」と、別れにも負けない絆を歌っているのだ。つまり、「ズッ友だよ」ってこと。

困難な状況におちいって、それに立ち向かう様子がバラードのメロディに乗せて歌われるこの曲。サビで9人がいっせいに歌う様子は、大きな運命のうねりを表現しているよう。

12月9日には、少女時代初の東京ドーム単独公演"GIRLS' GENERATION 「THE BEST LIVE」at TOKYO DOME"が開催される予定だ。





少女時代 新曲を加えた再編集盤
10月15日発売予定『THE BEST ~Standard Edition~』
10月15日発売予定『THE BEST ~New Edition~』

【少女時代・オフィシャル・サイト】

少女時代の過去記事

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.