耳でも目でも楽しめる、正統派グッドミュージック!「ドラマストア」

2020年04月15日

耳でも目でも楽しめる、正統派グッドミュージック!「ドラマストア」
 
コンセプトは「君を主人公にする音楽」。結成6年、注目度マックスのフレッシュなバンドが、2020年に勝負をかけるミニ・アルバム『Invitations』をリリース。長谷川海(Vo&G)にインタビュー!
 
取材/文:宮本英夫
 
 
 
ドラマストア「東京無理心中」
 
 
 
――自己紹介をお願いします!
 
「はじめまして。関西発正統派ポップバンド、ドラマストアの長谷川海です! 僕らは正統派の名の通り、グッドミュージックを鳴らしているバンドなんですが、特徴的なところが3点あります。まず1つ目は、自分で言うのもなんなのですが、僕の歌と歌詞が非常にいいです。ほんとに(笑)。2つ目は、ギターとキーボードの両刀使いですね。サウンド面でももちろんなんですが、トリ(Gt.Key鳥山)はライブ中でも持ち替えながらパフォーマンスするんです。見てて面白いし迫力がありますね。3つ目は、バンド名の通り、MVとの親和性の高さです。一本のドラマのような作品が多く、聴いても楽しめる、目で見ても楽しめる、そういった内容の音楽が多いです。僕はどんでんがえしが好きなので、あっと驚くようなMVばかりです。ぜひ見てみてください! もちろんバンドなので、しっかり演奏してるシーンもありますよ!(笑)」
 
 
 
――今回のアルバムにも入っている、昨年リリースのシングル「ラブソングはいらない」は、どんな曲ですか?
 
「ドラムの和也くんから“海くんがアコギ弾いてるMV撮りたい。バンドのこと考えずに、素直に書いて”ってオーダーが来まして、近年流行りのラブソングを書こうと思ったんです。僕あんまりラブソング書かないんですけど、ちょっと流行りやからやってるみたいなのが、すごい嫌やったんですよね(笑)。だけど、この曲のサビだけのデモができた瞬間に、MVの内容まで全てがぐわ~っと湧いて来たんですよね。“あ、タイトルは「ラブソングはいらない」やわ。こんだけやさしい曲で否定的なタイトルやから、恋から愛に変わりゆくような前向きな否定やろうなあ”と浮かんだわけです。そこでたまたま親友の結婚式があったんですよね。彼女は大学のサークル仲間で、逆プロポーズと言うか、ガチガチに外堀を固めて、プロポーズさせたらしいんですよ。そこで思いつきましたね、“世の中にプロポーズソングはあっても、逆プロポーズソングって少なくない?”と。なので、詞については『大阪LOVER』(ドリカム)くらいの待ちきれない強い女性像で、MVも男女逆転と、これはブライダル業界的にもめっちゃおもろいんちゃうかって、監督とワイワイ言いながら作りました。自分で原案を描いたMVの中でもめちゃくちゃ気に入ってるストーリーです」
 
 
 
――アルバム1曲目「Dancing Dead」は、管楽器入りのハードロックなテイストで驚きました。
 
「“え、これドラマストアのCDで合ってる?”って言うのがテーマですかね…(笑)。ブラスも新しい試みの一つで、使ったことなかったですし、こういうテイストの曲ってなかなからしくないから、でもサビはがっつり俺らしい! みたいなことをみんなで工夫しながら作りましたね。歌詞はこれ、使えるかわかんないんですけど、近年若い子たちの間で、ビジネスアカウントが流行ってるじゃないですか。僕めっちゃフォローされるんですけど。楽して稼げます! みたいな。就活が嫌になってああいうのするらしいんですよね、実際稼げてる子もおるんやろうけど。ああ、楽に走りたくなる気持ちもわかるで~とか、甘い蜜すすりたくなるよな~とか、それを大元で仕切ってるような、若い子を飯の種にしているような、詐欺とまでは言わないですけど、そんなことをイメージして書きましたね」
 
 
 
――軽快で楽しい曲調の半面、「チョコレートボックス」はメッセージ色の濃い曲に聴こえます。
 
「お気付きの方もいらっしゃると思いますが、タイトルは映画『フォレスト・ガンプ』からいただきました。“人生はチョコレートの箱よ、開けて見るまで何が入っているかわからない”と、人生や才能をチョコに例えるセリフで有名なんですが、それをすごく楽観的に歌った曲ですね。君のチョコの箱にはすげー高級なチョコが入ってるかもしれないじゃないかと励ましながら、「あくまでも“かも”だけど」なんて無責任な言葉を残してサビに入る、まさに僕ららしくて。よくもまあこんな適当な背中の押し方しやがりますよね、この感じや距離感が大好きなんです(笑)。今ファンやリスナーと方々と非常にいい距離感で愛し合えてるなあと思うんですよね。このままずっと応援してたいし、されてたいなと思って、こんな歌詞にしましたね。“君のいいとこをいくつも言えるよ”っていうのも、割と当てはまったりするんです。みんなのツイート、めっちゃ見てるんで(笑)」
 
 
 
――リリース・ツアーへの抱負をお願いします!
 
「今作は“みんなで楽しむ”ということをテーマに作った1枚です。なので、ぜひ予習をして来て欲しいんですよね。そしてツアーでこのアルバムを完成させるという気持ちで制作をしました。なので、ライブではそれをしっかり体現できるような1日を作りたいです。ただ、合いの手やクラップをファンのみんなを信頼して入れている以上、みんなの協力なしには完成しないので、みんな自身も、しっかり“ライブをする”側の気持ちで来てくれると、めちゃくちゃ楽しくなるんじゃないかなと思います!」
 
 

 

 
 
4/15 
 ON SALE
NEW MINI ALBUM
『Invitations』
 
初回限定盤
CD+DVD:LADR-27/28 \2,182+税
 
通常盤
CD:LADR-29 \1,636+税
 
01. Dancing Dead
02. 可愛い子にはトゲがある?
<読売テレビ「にけつッ!」エンディングテーマ>
03. ラブソングはいらない
04. 東京無理心中
 
05. チョコレートボックス
06. グッデイ、グッナイ 
<アニマックス番組「VART-声優たちの新たな挑戦-」エンディング曲>
 
【初回限定盤】
★DVD付き
01. ラブソングはいらない MUSIC VIDEO
02. 可愛い子にはトゲがある? MUSIC VIDEO
03. 可愛い子にはトゲがある? MUSIC VIDEOメイキング
04. カフェトークVol,2
 
 
 
 

ドラマストアの過去記事

こんな記事も読まれてます

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.