【インタビュー】 本格派ダンス&ヴォーカルグループ Giselle4(ジゼル・フォー)がメジャーデビューシングルをリリース!

2014年10月27日

 大阪のダンススクールで出会った4人で結成されたダンス&ヴォーカルグループ・Giselle4。インディーズデビューを経て、いよいよ満を持して1stシングル「LOVE-A-DUB」でメジャーデビューが決定! メンバーがインタビューに答えてくれました。    

 取材/文:横前さやか
 
【本文】
――はじめに、本誌初登場ということでGiselle4がどんなグループか教えてください!
SAKI「地元大阪で小さい頃から同じダンススクールに通っていた4人です」
MIYU「グループ名は、4人とも大好きなビヨンセさんのミドルネームから来ていて、ダンスを武器に、私たちなりの“ダンスミュージック”を表現したいと思って活動しています」
 
――メジャーデビューシングル「LOVE-A-DUB」はどんな楽曲ですか?
MAMI「実はこの曲を初めて聴いたとき、4人全員「この曲、めっちゃ好き!」って即答したくらい、全員が気に入っている曲です!」
一同「うんうん!」
SAKI「「LOVE-A-DUB」と書いて“ラバダブ”と読みます!」 
MIYU「恋の魔法を信じる女の子の気持ちを歌った曲で、恋に自信のない女の子への応援歌になっているんですよ」
SERI「恋の魔法というと片思いの彼を振り向かせるとか「相手の気持ちを変える」っていうイメージがあったんですが、この歌詞を通して、私は、その魔法を信じることで勇気を出せたりポジティブになれたり自分が変化していくっていう「魔法」なんだって思いました」
MAMI「洋楽っぽくビートも立っていて、すごくノリやすい曲になっていると思います。リズムに合わせて自然に体を揺らしたり、音に合わせてクラップしたりしてほしいです」
 
――好きなフレーズを教えてください!
SAKI「私が好きなのは、『信じてみたっていいじゃん!』かな」
MIYU「同じ!」
SAKI「押し付けるわけでもなく、ぽんっと背中を押してくれるようなこの言葉がいいよね~」
MIYU「“じゃん”が付くことでさらにポジティブになる! 私が恋で悩んでるときにこのフレーズを聴いたら自信を持てそうな気がするもん(笑)」
SERI「私は「響け恋の魔法 届け恋の魔法」ってところ。「好きな人と両想いになりたい!」「この恋を叶えたい!」というストレートな気持ちが全面に出ているから」
MAMI「私はラップ担当だから、ラップの「I can't wait till get you and I'm really asking your 
 
permission」というところが一番お気に入り。「あなたに振り向いて欲しい!待てない!」っていうすごくストレートな歌詞がかわいくて大好きです」
 
――MVはみんなのダンスがすごくかっこよかったです!
MIYU「私たちが得意なダンスをしっかり観ていただける映像に仕上がっていて、Giselle4の魅力が詰まったミュージックビデオになったんじゃないかと思います」
MAMI「SAKI以外の3人はソロのダンスシーンがあるんです。これは撮影の時に監督さんに「自分で好きなように踊ってみて」と言われて、1人ずつその場で音に合わせて1曲まるまるフリーで踊ったんです。事前に振付も全くなく完全フリーで踊ったので、それぞれの個性も出ていると思うので見比べて欲しいです」
SAKI「みんなすごかった~! あと4人のユニゾンも迫力あるよね」
SERI「ポイントとしては、「響け恋の魔法 届け恋の魔法」というサビの後ろに“ラバダブ”“ラバダブ”とコーラスが入っていて、そこの振りで私とMIYUとMAMIの3人が、「LOVE」の「L」を手で作ってクロスしたりする振付があるので、そこを皆さんにも覚えてもらってライブで一緒にやれたらうれしいです」
 
――LOVE-A-DUBは恋の魔法のコトバということだけど、みんなは恋するとどうなっちゃうの?
MAMI「毎日がいつも以上にハッピーになって、どんな嫌なことも我慢できちゃう!」
MIYU「分かる! 毎日その人のことが頭から離れないよね。何も手に付かないとかじゃなくて、その人のことを考えるだけで毎日ウキウキして、なんでも頑張れる」
SERI「私は近くにいたら、その人のことばかりを見ちゃうよ。すぐバレるタイプ(笑)」
SAKI「私も(笑)。知らないうちに態度に出ちゃうらしくて、「わかりやすい」ってよく言われます。自分では結構頑張ってバレないようにしているつもりなんだけど……(笑)」
 
――みんなは、どんな人がタイプなの?
SERI「相談に乗ってくれたり支えてくれるようなお兄さんみたいな人がタイプです。顔のタイプは、玉木宏さんかな♪」
MIYU「背が高くて細身で目は奥二重か一重で優しい人が理想です(笑)。ちょっと欲張りすぎかな!」
MAMI「私は鍛えている人。私の中で“筋肉=男らしい”というすごく単純なイメージがあって……格闘技をしている人なんかを見るとキュンとします。性格は優しい人が好き」
SAKI「「笑うツボ」が一緒の人。大阪出身なのでそこは絶対にハズせないです!」
 
――最後に、読者にメッセージをお願いします。
SAKI「まずは私たちGiselle4の「LOVE-A-DUB」をたくさんの方に聴いていただきたいです。そして、将来は“女性ダンスヴォーカルグループと言えば、Giselle4”と言ってもらえるよう、一生懸命努力したいと思っていますので、応援よろしくお願いします!」
 

 

 
PROFILE
 
大阪のダンススクールで出会ったSAKI、MIYU、MAMI、SERIの4人によるダンス&ヴォーカルグループ “ジゼル・フォー”。2013年8月にシングル『GO BACK』でインディーズデビュー。グループ名は踊ることが好きな少女が主人公のロマンティックバレエを代表する演目「ジゼル」と、世界的な人気を誇るメンバーの憧れのアーティスト「ビヨンセ」のミドルネームに由来。混沌としたこの世界を「美しく強く生きていく」をコンセプトに、10年以上のダンス歴の中で培った卓越したダンスが魅力のグループ。インディーズアーティストの聖地とも呼ばれる大阪城公園でストリートライブを重ねるなど、地元大阪を拠点に現在活動中。2014年11月に、シングル「LOVE-A-DUB」で待望のメジャーデビューを果たす。
 
MAJOR DEBUT SINGLE
「LOVE-A-DUB」
11/5 ON SALE
 
【初回限定盤】CD+DVD:UPCH-9959 \1,389+税
【通常盤】CD:UPCH-5826 \926+税
① LOVE-A-DUB
② WONDER GIRL
<ドラマ「アラサーちゃん 無修正」エンディングテーマ>
③ SECRET(Japanese Ver.)
<映画「想いのこし」挿入歌>
 
★初回限定盤:DVD付き
① LOVE-A-DUB(Music Video)
② WONDER GIRL(Music Video)
 
 

Giselle4の過去記事

data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"
Copyright (C) 2019 レコード新聞社 All Rights Reserved.